エッジコネクションエッジコネクション

ご相談・ご質問はこちらから
03-6825-5900
お問い合わせ

コンサルタントコラムコンサルタントコラム

2021.06.25

コールする際の心得

インサイドセールス
インサイドセールス / 月野 晴加

こんにちは。
コール担当として、コールする際の心得を発信したいと思います。

まずコール担当として気を付けていることとして、以前に受付はお友達というコンサルタントコラムを書いているのでそちらもご一読いただけたらと思います。

受付と友達になろうとしても、そう上手くいかないパターンもままあります。
そのときに何を思うか。

まず「バカだなぁ…」と思います(ただし、こんないい話を聞かないなんてという前提が頭につきますが)。

企業がサービスや商品を売る時、悪い話を持ち掛けることはまずありません。

なぜなら自分たちのサービスや商品がプラスになるであろうと思って営業をするからです。
なぜ「バカだなぁ…」と思うのか?

それは、企業にとってプラスになる可能性を潰しているからです。
プラスになる可能性を潰すということは、逆を言えば
「プラスになる行動を起こさない=一生そのままもしくはマイナス」ということです。

ね、こんないい話を受けないなんてバカだなぁ…ですよね。
弊社に限った話ではないですが、コールはそれなりに心に負担があったり、受けている電話によっては病んでしまうこともあります。

元々は私も色々なプロジェクトで「なにくそ…」と思っていましたし、コールセンターに勤めていたときも自分はそっちのけで相手を非難してしまうこともありました。

ですが、「受付は友達なんだ!」と思うようにしたこと、純粋に「まあ確かにバカだよなぁ…」と思うことによって、「もっとクライアントさんを必要としてくれる企業を探そう」と思えるようになりました。

人間誰しも浮き沈みがあるので、落ち込んだりすることは致し方ないとして、じゃあそれを「仕事のせい」や「話を聞いてくれない受付(担当者)」のせいにするのではなく、

いかに真に受けすぎないようにするか?
次にいこうと思えるか?

でコールを行う心持ちに繋がるのではないかなぁと思います。

同じカテゴリのその他の記事