エッジコネクション

コンサルタントコラム

2019/01/05
独立して13年目のスタート

あけましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願いします。

 

2018年は、起業して一番「楽しかったなぁ。」という感覚で終わることができました。

そう言うと、色々と高いハードルを課している当社社員は、「は?自分だけ?」と思うかもしれません。

また、私が気づいていないところでご迷惑をおかけしているお客様がいらっしゃれば、「何をのんきに!」と思われるかもしれません。申し訳ございません。

 

ここで言う「楽しかった」というのは、ウキウキルンルンで楽しかったという感覚ではなく、経営というものにじっくり向き合えた一年ということで楽しかったということです。

企業規模が小さいと、思いもよらないことが経営の重大障害に突如として上がってきます。

それこそ、知らないところでの社員間の人間関係など、大企業では考えられないような些細なことが経営の屋台骨を揺るがそうとしてきます。

そういう思いもよらない事で、あたふたしなくて済んだ一年だったなぁ。

というのが、楽しかったという感覚につながってるんだと思います。

(逆に言えば、見えてないかもしれないけどこれまでは水面下では色々あったわけよ、と当社社員が読んでいたときのために書いておきます。)

 

私が好きなテレビゲームに例えると、これまでは隣で妹が邪魔をしてきたり、いきなり家が停電になったり、ゲーム以外のところであたふたしてたのが、純粋にゲームの攻略のみで悩む時間がたくさん取れた一年ということでしょうか。

今後も、このままいければ良いなと強く思う次第です。

 

このような状態になった要因として、メンバーひとりひとりのプロ意識の向上が寄与していることは間違いありません。

社員一人ひとりのベーススキルはもちろん、マネージャー陣のリーダーシップまで、1年前を振り返って「あまり変わってない」と感じる人は誰もいないのではないでしょうか。私から見ても本当にみんな成長していると思います。

 

そして、管理部門のプロ意識の向上は採用業務の円滑化につながっており、昨年末くらいから毎月ひとりずつほどのペースで新しい仲間が増えていく体制ができました。

 

つまり、最近では毎月それなりの人数の方々と面接をさせて頂いているわけですが、今回はそこで話している私の経営観をここに記しておくことで、今後面接で出会う方や当社を検討して頂いている方々への判断材料として締めたいと思います。

 

唐突ですが、私は当社をベンチャー企業だと考えていません。

また、上場しようですとか、西暦何年までになんとしてもこうなろう!というものもありません。

ただただ、毎年少しずつ売上と利益が伸びていきさえすればそれで良いと思っています。

昔はそういうものも掲げてましたし、取りうるリスクはすべて取って最速の成長を目指すのが経営だとも思っていました。

 

でも、そうした結果うまくいかなかったときのダメージも大きく、多くの社員をすり減らせてしまうということに気付きました。

それでもまた立ち上がって昔と同じ馬力で突き進むのが経営者!!

という声もあるかもしれませんが、私にはそうは思えなくなってしまいました。

 

今の私の経営観は、

何かの縁で同じところに集まった者同士、一緒に少しずつ高め合い、一緒に社会に良いことをして、一緒に周りよりも少しだけ良い生活をして、一緒に歳を取っていく。

ただただ、それができればと思っています。

 

そして、当社のミッションは、

私達は、あらゆる企業の営業効率を改善することで、
人々が仕事とプライベートの両方を最大限充実させられる社会を作ります。

ですが、これを淡々と一緒に貫いていくことで、私の経営観は達成できるのではないかと思っています。

 

そんな低速運転で本当に大丈夫なのか?と思われるかもしれません。

ですが、不思議なことに、こう考え始めたここ2~3年の業績は順調です。

会社の借入の代表者個人保証も外れたくらいです。

 

また、この一連のことは常日頃から当社のメンバーには話しています。

ですので、よく言われますが、当社社員はビックリするくらい草食です。

平均勤務時間は有給取得者や時短社員がいるため8時間を切っています。

でも、ミッションに掲げていることを自社ができていないと当然駄目ですので、目標売上の達成にはめちゃくちゃシビアに取り組んでいます。

無理のない範囲にがむしゃらに。そんな働き方といえるでしょうか。

 

人生80年で、死ぬまで働くのが当然の時代。

コツコツ淡々とこんな感じでみんなで働いて一緒に歳をとっていれば、40年後くらいには知らない人が誰もいない会社になってるんではないか??

そんな感覚でいます。

 

以上が、私の経営観でした。

不思議なことに、これを話すと、志が低い!と選考を辞退する人がいるのでは?と思いながら話し始めるのですが、今の所いません。

むしろ目をキラキラさせて聞いてくれます。

時代がそうなってきたのか、元々私のブログなどを読んでくれててそういう経営観を事前に察したのか、どちらかはわかりませんが。

 

こんな経営者が率いている会社ですが、ご興味よろしければご応募お待ちしております。

東京は少し手狭になってきましたので、もしかしたら数ヶ月、移転のためにお待たせするかもしれませんが、宮崎はまだまだ募集中です。

 

新しく出会うかもしれない方々向けの内容になってしまいましたが、

これまでお付き合い頂いているお客様、その他、当社に関わるお取引先様、そして当社メンバー、

今年も何卒よろしくお願いします。

エッジコネクションのこと / 大村 康雄
2018/12/10
大村の母校、宮崎県立延岡高校の生徒さんがご来社されました!

弊社代表の大村の母校である、宮崎県立延岡高校の生徒さんが、修学旅行中の「先輩訪問」という企画で遊びに来てくれました。

大村の受験勉強の体験談、これからの仕事の選び方、いま勉強を頑張る意義、などについてお伝えさせていただきました。

人前で話すことの多い大村も、後輩たちの前とあっていつも以上に熱心に話をしたようです。

大村曰く、「少しでもなにか伝わったのなら嬉しい限り。」とのことでした。

延岡高校の皆様、遠くから弊社まで足を運んでくださって、ありがとうございました!

※本人たちの許可を得て撮影しておりますが、未成年のため保護者の方の許可も必要かと思い、念の為モザイク処理をしております。

 

エッジコネクションのこと / 野村 桃子
2018/10/18
宮崎県延岡市に事業所を開きませんか?

このたび、私および株式会社エッジコネクションは、宮崎県延岡市に進出してくれる企業を探す、立地促進コーディネーターというお役目を頂きました。

延岡駅前の再開発に合わせ、延岡市ではただいま積極的に進出企業を募集しています。

延岡市の企業誘致施策、また、延岡市という街そのものも事業を行うのになかなか魅力的です。

・従業員を3名雇用するごとに180万円をずっともらえます。開業から2年までとかではなく、ずっとです(しかも申請の書類が県のものと比べてずっとライトで、提出したら翌月には振り込まれます)。

・開業に当たる工事費やオフィスの賃料、通信費の補助が出ます。

・これらに加えて、県からも同様の補助が出ます。

・現地ではハローワークが最も信頼されている求人情報源です。つまり、採用費が抑えられます。

・オフィス賃料相場は首都圏の5分の1~10分の1です。当社(延岡駅より徒歩3分)の場合、坪単価2000円です。

・給与相場は首都圏の3分の2~半分です。とはいえ、ぜひより良い給与にしていきたい!という気概のある事業者さんに進出していただきたいですが。

・宝島社の調べによりますと、南九州(熊本、宮崎、鹿児島)に移住した人の中で現時点でもっとも満足度が高い街が延岡市だそうです。

・高速道路が通りましたので、宮崎市まで1時間ちょっと、温泉地別府までは1時間半ほど、熊本市までも2時間弱でいけます。

・海、山、川すべてのレジャースポットに中心市街地から車で30分以内で行けます。

ということで、事業所を開いて採用するにも、首都圏などから向こうに移って事業展開するのにもなかなか良い場所です。

延岡の企業から仕事をもらうのは経済規模的に難しいかもしれませんが、生産拠点、R&D拠点、カスタマーサービス部門など、必ずしも都会にある必要がない部門を運営するには最適な場所です。

当社が開業して現在に至るまでの苦労など、実体験も含めてお話もできます。
ちなみに、当社は両拠点に大型のモニタを設置して常時テレビ会議状態にしてます。これにより、雰囲気や社風も比較的円滑に統一できます。

少しでもご興味よろしければお気軽にご連絡ください

エッジコネクションのこと / 大村 康雄
2018/07/01
攻めのM&A仲介を始めます。

突然ですが、当社にてM&A仲介事業をはじめました

かねてより、営業戦略の構築や営業研修、コールチームによるアポ取りなど営業支援、コンサルティングをやっている当社ですが、昨今、時代の追い風もあるのか、「M&A仲介はやってないですか?」というお話が入るようになっていました。

詳しくお話を伺い、「であれば、こういう企業にこういう切り口でアプローチすると興味を持ってくれそうですね。」といつもの営業コンサル的見地でお話をすると「なるほど~」と感心をいただくことが多くあり、これはなにか手応えあるぞと思ったのでした。そして、さらにお話を深く聞くと、M&A仲介は案件として申請してもうまくマッチングできるまで待ちの状態であることが多く、こちらから仕掛けるということはあまりないとのこと。

これは、面白い!ということになり、やっとお披露目となったという経緯です。

以下、当社が手がけるM&A仲介のポイントです。

■ご意向を伺った上で、ベストな買い手、売り手とどう出会うか、”営業戦略立案”としての発想でプランニングします。
■プランニングのあとは、当社コールチームによりアポイント取りを行い、ご縁を作りに行きます。
■M&A仲介実績が豊富なフィナンシャルアドバイザー陣がおりますので、ご縁が見つかったあとはクロージングまで丁寧にサポートします。
■企業価値をもっと高めてから売却したい場合、当社の営業コンサルティングなどの営業支援メニューを活用し企業価値を高めます。
■買収後の営業体制構築のお手伝いも行い、営業活動にシナジーが生まれるように支援します。

以上です。ご興味有る方、お気軽にお問い合せ頂けましたら幸いです。

エッジコネクションのこと / 大村 康雄

新着記事

2019/01/05
独立して13年目のスタート
2018/12/14
ポピュリズムと外国人労働者受け入れと働き方改革と
2018/12/10
大村の母校、宮崎県立延岡高校の生徒さんがご来社されました!
2018/10/18
宮崎県延岡市に事業所を開きませんか?
2018/10/11
インサイドセールスがうまくいかない5つの理由

カテゴリー

アーカイブ