エッジコネクション

コンサルタントコラム

2020/08/28
「叱られるしかないんだよ」と言う勇気

当たり前のこととして、上司は部下よりも仕事ができます。

だから、上司という立場につき、日々、部下を指導し、育成しています。

 

一方部下は、仕事ができないと上司に可能な限り思われたくありません。

自分の評価に関わりますし、大人になって叱られるのは誰でも嫌です。

 

どこの職場でも潜在的にこの状況になっています。

 

この状況の中、日々の仕事は流れていきます。

そして、たまに部下はミスをして上司の指導を受けることになります。

飲み込みが悪い部下や苦手分野で壁にぶつかっているときなど、場合によっては、同じ指導を何度もされることもあります。

 

そうすると、上司も部下も煮詰まっていきます。

上司は「どう言えばこの子に伝わるんだ?」

部下は「どうしたら叱られずに済むんだ?」

どんどん袋小路に追い込まれていく感覚です。

 

このとき、上司も一緒に思い悩んでしまうとストレスが溜まり、部下への当たりが更に強くなり、どんどん悪循環に陥っていきます。

 

そんなとき、私は、よくこういうことを言います。

「まぁ、正直、今回のことも前に教えたことだし、どういう指導で君がスルッとここを抜けるかわからん。というか、そんな魔法の言葉があるのかもわからん。だから、叱られ続けるしか無いんだよ。だって、それくらい足りないことがあるのだから。」

 

こう言うと、それまで「自分はなんてだめなんだ。」と思ってた考え方から「通過点として仕方ないのか」という考え方に変わるのか、大抵の部下が表情がふっと和らぎます。

 

「君にできてないことがあったり、やってはだめなことをしてるんだから叱られ続けるしか無い。」

この言葉を部下に伝えるのはどうも勇気がいるようです。

一方、この言葉を伝えるのはだめです。

「君がだめな人間なんだから叱られ続けるしか無い。」

 

違いがわかるでしょうか?

 

最初のフレーズは、やっている”こと”がダメと言っているのに対し、次のフレーズはやっている”人”がダメと言っているのです。

”こと”がダメであればやり方を変えればいいですが、”人”がだめと言われたらどうしようもないです。

そして、そういうことを言いたくないと思うからこそ、上司は「叱られ続けるしか無いんだよ」と言うのにためらいが出るのではないでしょうか?

 

自分は常に”こと”について叱っていると自信を持てるようにしておくこと。

そうすれば、追い込まれた部下をこのようなフレーズで救って上げることができますし、第一に”こと”について叱っているので追い込まれるスピードもだいぶ緩和されます。

 

人は一直線には成長しません。

イメージは階段です。

あるときにピョンと気づきを得て次のステージに行き、そこで順調に進んでいると思ったらまだ壁にぶつかり、ピョンと気づきを得る必要が出てくる。

 

この繰り返しです。

一般営業マンとして必要だった立ち居振る舞いは、その営業マンを束ねる立場になったときに必要な立ち居振る舞いとは違います。

そして、その束ねる立場をさらに束ねる立場になるとまた変わります。

そのように、行動様式をある程度の間隔で変えていくのが仕事における成長です。

人間の行動なんて簡単には変わりません。

何度も指摘され、自分で少しずつ意識できるようになって初めて変わっていきます。

初めて自転車に乗るときと同じです。

 

よって、常に”こと”について叱ることを意識し、できるようになるまで”こと”について叱られるのは当たり前だと部下に話してあげ、叱られることに対するネガティブな印象、感情を和らげてあげる。

これが、部下を指導するときに必要な心構えだと思います。

営業チームマネジメント / 大村 康雄

記事検索

新着記事

2020/11/25
新型コロナに関する私の見解
2020/11/11
ミスを繰り返す部下への接し方・指導方法
2020/10/19
「分かる」を「出来る」にするために心得ておくこと
2020/10/02
一人の営業スタッフとして売上目標を達成するために意識していたこと
2020/09/16
テレアポスタッフはニュースを読むべし

カテゴリー

過去の記事

2020/11/25
新型コロナに関する私の見解
2020/11/11
ミスを繰り返す部下への接し方・指導方法
2020/10/19
「分かる」を「出来る」にするために心得ておくこと
2020/10/02
一人の営業スタッフとして売上目標を達成するために意識していたこと
2020/09/16
テレアポスタッフはニュースを読むべし
2020/08/28
「叱られるしかないんだよ」と言う勇気
2020/08/18
受付はお友達
2020/07/17
テレアポ業者への依頼のコツ
2020/06/12
より良い結果を出すために何をすればよいのか
2020/05/28
上手くいかないなという時、私が最初に振り返る部分
2020/05/15
上司から無理難題だと思うことが降りてきたときに、どう処理しているか
2020/05/01
緊急事態宣言を乗り切るためのテレアポ営業
2020/04/07
営業効率の高いウェブ商談の進め方
2020/04/01
無形商材では営業が難しいのでは無いか?
2020/03/16
自責で考えるということ
2020/02/28
自論を突き通すことのもったいなさ
2020/02/18
根拠の“ある”自信を積み上げさせる重要性
2020/01/31
スクリプトの文章量と、入れるべき内容
2020/01/20
”顔”が見える営業戦略
2019/12/25
年末のご挨拶
2019/12/13
私のマネジメントのバックボーン
2019/11/12
異性とのコミュニケーションと営業商談
2019/10/15
カウンタートークの基本的な考え方
2019/09/13
当社のコンサルティングとは?
2019/09/12
営業会議のときに注目するポイント
2019/08/23
客観的な事実で自社を紹介する重要性
2019/07/24
【当社事例】1on1のススメ
2019/07/12
相手の回答を誘導するテレアポテクニック
2019/06/28
職場体験、見極め期間制度開始!
2019/05/09
効果的なスクリプトの作り方
2019/04/12
最大売上と車の走行可能距離
2019/04/04
好評につき4月度営業課題・事例共有会(グループコンサルティング)の詳細が決まりました!
2019/03/20
3月度営業課題・事例共有会(グループコンサルティング)を行いました
2019/03/11
営業課題・事例共有会(グループコンサルティング)を開催いたします!
2019/03/11
女性セールスマネージャーの部下との距離感
2019/02/25
商談は資料がするものであると考える重要性
2019/02/21
社員インタビューを行いました。
2019/01/17
社員インタビューを行いました。
2019/01/05
独立して13年目のスタート
2018/12/10
大村の母校、宮崎県立延岡高校の生徒さんがご来社されました!
2018/11/15
セールスツリーフレームワーク
2018/10/26
企業の発展段階における営業活動の状況と課題
2018/10/18
宮崎県延岡市に事業所を開きませんか?
2018/10/11
インサイドセールスがうまくいかない5つの理由
2018/09/16
ターゲット数を意識して、商品・サービス開発してますか?
2018/07/19
経営とはチームでやるものという前提で考えましょうという話
2018/07/17
テレアポ代行に深い商材理解は必要?
2018/07/01
攻めのM&A仲介を始めます。
2018/01/09
一緒に延岡の労働環境(文化)を変える仲間を探しています。
2017/08/03
事業責任者が一番大事にすべき経営資源とは?
2017/05/30
こんな営業マンは助けられません。
2017/05/10
絶賛求人中です!!
2017/04/27
すんげー気を使ってる部下が辞めたいとかモチベ上がらないとか言っててマジムカつくと思ったら読む内容
2017/02/07
雰囲気の悪い営業会議の解毒法
2017/01/23
対面営業での効果的な営業資料の使い方
2016/12/20
営業計画の必須要素
2016/11/30
売上が上がらない!という会社がほぼ間違いなくやってないこと
2016/10/19
スタートアップと文化祭の模擬店