LOADING

Edge ConnectionRECRUIT

エントリー

クロストーク

宮崎
他社コールセンター経験者対談
  • マーケティングソリューション本部
    プランニング部
    月野 晴加
  • マーケティングソリューション本部
    リサーチ&セールス部 宮崎ユニット
    永友 容子
  • 経営企画本部
    労務部
    上田 美樹

最初に他社コールセンターで働こうと思った理由

上田:
特にコールセンター業務に就きたいというこだわりは無かったのですが、年齢に関係なく正社員で雇って頂ける仕事を探していて、たまたま見つけたのがコールセンターの仕事でした。コールセンターの前に長年勤めていた会社が自主閉鎖をしてしまい、その時点で就職困難者と呼ばれる年齢だったので、なかなか勤められるところ見つけられず、やっと見つけたのが前職のコールセンターです。
月野:
私は以前勤めていたコールセンターに入社する前にその会社がやっている職業訓練に通っていました。職業訓練生からそのまま繰り上がりのように正式入社しました。実は、そのコールセンターで働くまでは正社員として働いたことが無く、さすがにそろそろ正社員としてしっかり働きたいなと思っていたので、就職するにあたって一番最短ルートかつ、手っ取り早く入社出来る状況だったこともあり、以前のコールセンターに入社を決めました。
永友:
私の場合は、単純に以前勤めたコールセンターの採用募集人数が多かったので応募しました。それまでずっと接客業をしていたので、次の仕事は接客業はしたくないなと思っていました。ただ、一度はそのコールセンターは落ちてしまって(笑)でも、どうしても対面での営業とか接客業はしたくないと思っていたのでまた受験させて頂き、入社しました。
月野:
確かに対面以外での仕事って限られますよね。延岡市だと工場内の作業とか、それこそコールセンターくらいしかない気がします。
永友:
そうそう。工場勤務もちょっと考えたんですけど、やっぱり男性色が強い職場ばかりなのでコールセンターを選びました。
上田:
全員始めは『コールセンター』にこだわって就職したわけじゃないってことですね(笑)
永友・月野:
そうですね(笑)

インサイドセールスセンター入社のきっかけ

上田:
私は情報誌の求人広告を見て、やりがいがありそうな仕事だなと思って応募したのがきっかけです。まずは会社見学をさせて貰ったんですが、前職のコールセンターがインバウンドコールばかりだったのに比べ、エッジコネクションはアウトバウンドでアポイントを取る仕事だったので、前職とはまた違うコール業務という部分に魅力を感じました。
月野:
私の場合はエッジコネクションに知り合いが勤めていて、その方に紹介して頂いたのがきっかけで入社しました。エッジコネクションは副業がOKということもあり、当時ダブルワークの予定があったのでここは融通が利きそうだと思ったことも大きい理由です。
永友:
私は前職のコールセンターを退職した時から既にエッジコネクションのことを知っていて、どんな会社だろうと興味がありました。ただ、正直、求人票で提示されているお給料が高かったので、ものすごく大変な仕事なんじゃないかと思って悩んでいました(笑)今でこそインサイドセールスセンターの求人はコールセンタースタッフとオンライン営業コンサルタントで明確に役割分担されていますが、当時はオンライン営業コンサルタント職のみの応募だったので、お給料が高いからこその応募までの躊躇があったと思います。ただ、実際には研修制度もしっかりしているしそんなに構えて考える必要はなかったですね(笑)

在籍していた他社コールセンターと当社の違い

一同:
全然違いますね。何もかも違います(笑)
上田:
はっきり言って、一般的にイメージするコールセンターとは全くの別物だと思います!アポイント取りの仕事なので営業色が強いです。他のコールセンターのアウトバウンドコールは、決まった台本、決まった回答というようにテンプレート化された仕事を機械的に行うんですが、エッジコネクションのコール業務は頭を使って能動的に動きますよね。
月野:
そうですね。以前勤めていたコールセンターでインバウンドコールをしていた時に、私は通販対応の部署にいたんですが、電話内容は「注文したい」などの“受電先からの要望に対して受け答えするのみ“という感じでした。アウトバウンドコールの場合も元々契約してくれていた方に対してのヒアリング目的でのコールが多かったです。エッジコネクションの場合は自分が考えて能動的に動くからこそ、責任というものをしっかりと感じる仕事内容だと思いますね。その分やりがいとか、達成感も強く感じられます。
上田:
その通りだと思います。私の場合、前職のコールセンターでもクライアント対応やチームをまとめる仕事をしていましたが、エッジコネクションとは“責任”というものの考え方が全然違います。クライアント様との関わり方もより深いなと思います。
永友:
分かります!あとは他のコールセンターの場合、分からないこととか困ったことはとりあえず手を上げておけば他の誰かがやってくれるという感じなので、最後までやり遂げることの達成感はなかなか感じることがありませんでした。エッジコネクションの場合は、「周りに聞けば代わりにやってくれる」ではなく、「周りに聞けば次から自分で対応できるようにしっかり教えてくれる」会社だと思います。
上田:
あと単純に、うちの会社みたいな仕事はこんな田舎町で他に存在しないと思いますね。延岡という土地にいながら東京の経営者の方とかマネージャークラスの方とお話する機会ってそうそう無くないですか?なので凄く勉強になりますよね。これは他社では経験できないことだと思います。
永友:
そうですよね、他の会社に勤めていたら絶対会えない人達だろうなと思います。

仕事でやりがいを感じることや面白いと感じること

月野:
私はネットニュースとかを見ていると自分が担当しているクライアント様の記事が載ってることがあって、「おっ!!」ってなります!例えば、最近だと私が担当している外資系の会社さんで、こういうものを開発しました、というニュースを見かけました。クライアント様との関わりが深いからこそ、自分達がそういう企業様の営業活動をお手伝いしているんだと改めて実感しますし、面白い仕事ですね。あとはクライアント様の経営方針まで一緒に考えることもありましたし、いわば、支援する企業様の命運を共にする仕事ですよね。それが良いプレッシャーにもなり、もっと頑張ろうと思います。
永友:
分かります!クライアント様の今後の営業方針とかを知れたり、もちろん私達からご提案することもあります。今後の方針についてクライアント様と意見が合致した時は嬉しいです。あとは実際にコールしていて、スクリプトの内容が電話先の相手に刺さってアポイントが取れた時は凄く嬉しいですし、面白いなと思います。
上田:
アポイントが取れた時って嬉しいですよね。それに加えて、そのアポイントをクライアント様にパスした後、実際に成約しましたというフィードバックを貰えた時も本当に嬉しいです!
永友:
確かにそれはめちゃくちゃ嬉しいですね!
月野:
資料送付獲得から実はアポイントになっていた、という時も嬉しくないですか?当社でコールした時には残念ながらアポイントにはならなかったものの、その後のクライアント様側のアクションでアポイントに繋がったと知った時は「良かった~!」と思いますし、嬉しいです。
永友:
それも嬉しいですね。あとはやっぱり、お給料もやりがいを感じる瞬間です。私の場合、始めはコールセンタースタッフとして働いていて、途中からオンライン営業コンサルタント職にグレードアップしたんですが、仕事内容もそれなりに複雑にはなりますがお給料も上がったので嬉しかったです。当社の場合、基本給にプラスで各種インセンティブが発生するので、頑張った分だけ翌月のお給料にすぐ金額が反映されるという面でも凄くやりがいを感じています。ちなみに私は今までよりも稼ぐようになったことで、物価が高いといわれるスーパーでお買い物できるようになりました(笑)エッジコネクションに入社して生活水準も上がったってことでしょうね!
月野:
あ~、私もそれ実感しています。貯金が楽になりました。前職の頃は今のお給料の半分もなかったと思います。とりあえず生きるために働くしかない!という感じだったので…。今はすごく余裕が出来ました。多分、同じお給料を貰える職場を探そうとしてもあんまりないんじゃないかなと思います。
永友:
ですよね、女性だと更に無いと思います。同じくらいのお給料だと、専門職とか、免許を持っていないと出来ない仕事ばかりのような気がします。

大変だと思ったことと、それに対してどのように対応しているか

上田:
目標を立てて必ず結果を振り返り、対策を立ててまた実行というように、常に頭を働かせている仕事なので、どうしても詰まってしまうことがあります。ただ、当社は常に上司や周りに相談できる環境なので、必要に応じてきちんと相談して解決するという対応が出来ていると思っています。
永友:
そうですね、私も困った時は周りに相談をして解決しています。相談しても誰も嫌がることはありませんし、何かしら回答をくれます
月野:
もし聞いた相手が答えられないことだったとしても、例えば「○○さんが詳しいから聞いてみたらいいかも」とかヒントを貰えたりするので、一人で悶々とすることもないですよね。相談が色んなところに繋がって、求めていたゴールにたどり着くまでの道のりが短いのがエッジコネクションという会社、という感じですね。
永友:
確かにそうですね。私はオンライン営業コンサルタント職に上がった直後が一番大変だった気がします。特にクライアント様とのメールが不慣れで、その時期は大変でしたが、上司にその都度相談をして徐々に学習することができました。
上田:
会社の制度で上司との面談の機会が二週間に一度必ずありますし、大変だと思っても解消できる環境が整っていますよね。
月野:
私はたまに感情が溢れ出てしまうことがあって、今まで自分では何とも思っていなかった部分だったんですが、上司から「こう考えたら良いよ」とか考え方の部分から教えて貰えます。今も課題の一つなので乗り越えるのはすごく大変だろうなとは思うんですが、冷静に考えると、30年ちょっと生きていて身に付いたものを今この会社で変えることが出来れば残りの人生は楽勝なのでは?とも思っています!なので、私は今まさに必要な大変さを感じてる状況で、しかも今後の人生に超役立つことをお給料を貰いながら学べているんだと思います。
一同:
おお~!素晴らしいですね!!

今後の目標

永友:
部署売上の達成が目標です。先日やっと達成したので、常に達成できる部署を作っていきたいのと、私(永友)がいるからこの部署に来たい!と思えるような部署にしたいです。
上田:
私は月野さんみたいな安定的な100万円プレイヤーになることです。随分前から言っていますが、まだ実現できていないので。何か月も連続で100万を達成出来るようになりたいです。あと、会社から必要とされる人でありたいです。また当社は駅前ビルへの移転も控えていてますし、当社で働いていることで周囲から「え、あそこの会社で働いているの?凄いね!」と言われるような、延岡市でめちゃくちゃ有名な会社にしていきたいです。胸を張って「そうですよ、私エッジコネクションで働いてるんですよ!」と言いたいです!
月野:
私は自分の売上を常に更新していきたいですね。今の売上のギネス記録が私の記録なんですが、それを塗り替えられるように今後も頑張っていきたいです。あとはエッジコネクションという会社は社員一人一人のことをしっかり考えてくれているなと常日頃から実感していますし、自分が成長できたのは会社のおかげだと思っているので、私はこの会社に骨を埋めます!(笑)
永友:
私もう一つありました、この会社で2回産休を取得したいです!
上田:
えっ!凄いですね!でも家庭との両立が出来るのが当社ですからね。
永友:
そうなんですよ。今3人子どもがいるんですが、当社であれば子どもが3人いても仕事と家庭を両立するのは余裕なんで、まだまだいけると思ってます!
※記載内容はインタビュー当時のものです。 クロストーク一覧へ戻る