エッジコネクション 採用コンテンツ

クロストーク
CROSSTALK

CROSSTALK

東京 営業コンサルタント対談

お互いの第一印象と、今の印象

▼渡辺さんの印象
 
高木:
渡辺さんは面接の時に初めてお会いしましたが、物腰が柔らかそうな印象でした。
渡辺:
あ、過去形か…(笑)
高木:
いえ、実際もそうでした!(笑)
渡辺:
良かった。(笑)
高木:
入社した当時、最初の上司が渡辺さんだったのもあってか、分からないことを的確に教えてもらったりして、真面目で頼りになる方だと思っています。
横山:
僕は、第一印象「堅そう」と思って、砕けた話ができなさそうな感じがありました。(笑)
渡辺:
よく言われるな、実際は半々って感じだね。(笑)
横山:
実際は砕けた話も普通にできましたし(笑)、仕事上では質問したときに僕にはない視点から情報をたくさん出してくれます。
お客様のプロジェクトのターゲティングを考えた時に、業界知識やこれまでの経験から「そういう考え方もあるんだ」と思うようなすごくいい情報を提供してくれるので・・・いつもありがとうございます。(笑)
渡辺:
いえいえ。(笑)
▼高木さんの印象
 
渡辺:
高木さんは、僕も高木さんのことを真面目そうだなと思ったけど、そんなことなかった。(笑)
一同:
(笑)
高木:
あれ…(笑)
渡辺:
知れば知るほど得体の知れない面白さを感じるっていうか。(笑)
横山:
独特な感じがありますよね。(笑)
一同:
(笑)
渡辺:
でももちろん真面目だし、芯が強いですよね。「こうだ!」と決めたら猪突猛進!みたいな、決めたことを完遂する意志の強さがあると思います。
高木:
ありがとうございます。
横山:
高木さんは、何か問題が起きたときの切り替えや立ち直りが早くて、メンタルが強いなと思っています。
高木:
へー!そうなんですね。(笑)
渡辺:
確かに引きづらないところがあるよね。
▼横山さんの印象
 
渡辺:
最初はコミカルさがある印象で、人の懐にスッと入るスピードが速くてすごいなと思っていたけど、今はそれにプラスして、より頭で考えて動くことが出来るようになったように思います。入社してから全体的にすごく成長したと感じます!
東京メンバーで一番明るいのは横山くんなんじゃないかな?同い年の同僚(高木さん)が出来て楽しそう。(笑)
一同:
(笑)
高木:
横山さんは、私が入社した時から渡辺さんにいじられている印象があって、そういうポジションの人で、フレンドリーな方なのかなと思いました。
今の印象としては、結果をすごく残されているので、迷ったことや商談のことも相談させていただいて、渡辺さん同様に頼りになると思っています。
横山:
ありがとうございます!

印象に残っている担当プロジェクト、または出来事

渡辺:
毎年、鈴与シンワート様(事例紹介インタビューはこちらから!)から、展示会で集めた名刺や情報のフォローコールプロジェクトのご依頼をいただいているんですが、毎年成果が出ていて喜んでいただけていることですね。
横山:
最終的にどんな成果が出ていましたか?
渡辺:
商談アポ数が格段に増えて、比例して成約数も増えました。昨年のプロジェクトの結果、これくらいの利益になりましたと報告をもらうことが毎年恒例になっています!
高木:
それは嬉しいですね!
渡辺:
元々は自社のみでフォローコールを行っていらっしゃったんですけど、商談アポ数がなかなか上がらなかったりして、最初から鈴与シンワート様をお目当てに展示会に来た企業様での成約がほとんどでした。ただその数も限られるので、もっと商談数を増やしたいというご依頼で。
毎年取り組んでいる中でサービスもアップグレードしていって、実際に展示会に行ってブースを見させていただいたり、「前年をさらに超える」思いで右肩上がりでサービス品質を上げられていて、非常に良かったですね。
高木:
私は、単にテレマーケティングを行う会社ではなく、お客様が営業コンサルタントとして当社に営業面全般のご相談をされ、お手伝いできたことがあると嬉しく思います。
例えば先日あった話だと、これまで紹介やインバウンドメインで営業活動をしていて、アウトバウンド営業はほぼ初めてというお客様がいらっしゃいました。
戦略がハマって成果が出てお喜びいただけたということもありますし、当社のテレマーケティングで獲得したアポ先での商談や、商談後に送るメールの添削などもご相談をもらったりして…信頼していただいているのが分かって嬉しかったですね。
あと「高木さんと〇〇さん(宮崎オフィスのコンサルタント)の考える戦略の通りに進めてください!」という言葉も嬉しかったですし、やりがいを感じました!
渡辺:
宮崎のコンサルタントも含めて名指しなのが嬉しいですね。
高木:
新規開拓の商談をするのも初めてな方でしたので、何かあったら何でもご連絡くださいと言っていて、その結果小まめにフォローが出来て信頼に繋がったのかなと思います。
横山:
僕も、テレマの外注自体が初めてで、実験として複数のテレマ会社と同時に稼働させていたお客様がいらっしゃって、しばらくして「御社だけ残りました」と当社を選んでいただいたことが印象的でした。
過去色んな営業・マーケティング施策をしてきたけど最大の費用対効果になったと聞いて、間違っていなかったんだと思いすごく嬉しかったです。
それには宮崎オフィスのコンサルタントの力という部分も大きくて、日々の対応含めて宮崎コンサルタントをベタ褒めしてくださる連絡が来て、思わず全社に展開しました。(笑)
渡辺・高木:
あー!
渡辺:
そうだったね!特に何か意識していたこととかありましたか?
横山:
お客様の前面にこの宮崎コンサルタントを押し出して、コミュニケーションの密度を濃くし意思疎通がスムーズに行えたことが成功を招いたと思います。
やっぱり当社のテレマアウトソーシングのサービスにおいて、コールを行うコンサルタントと直接コミュニケーションが取れる、しかもきちんと研修を終えてお客様対応も問題なく出来る人というのは、安心感に繋がっていると思いますね。
高木:
本当、宮崎のコンサルタントと二人三脚で出来ていることが大きいですね。
横山:
営業活動が活発になって嬉しい悲鳴を上げてます、と連絡をくれたお客様とか、嬉しいことはたくさんありますね。

営業コンサルタント職の魅力

高木:
色んな業種の方と関われる点ですね。普通に20代を生きていたら話せないような代表者様や営業部長様などとお話ができて、とても良い経験になっています。
渡辺:
普通の営業職で自社商材のみだと、同じ業種の方としか関われないことが多いかもしれないけど、本当に色んな人と話せるし、こんな仕事、製品があるんだと分かって面白いですよね。
横山:
うん、世の中の新しいサービスをいち早く知れるのも面白いです。
高木:
初めて知った会社様でも、他社にはない当社だけの強みや製品を知れると、これを世の中に広めたい!って思います。
そんな風に新しいことをどんどん知っていけるので、幅が広がって世の中が楽しくなります。広告関連のプロジェクトに携わったら、街中の広告やメディアを見たときに業界の裏事情なんかが分かったりして、考えることが多く楽しいです。

エッジコネクションはどんな会社か

高木:
仕事とプライベートのメリハリがしっかりしている会社ですね。業務時間と休憩時間の切り替えもすごくハッキリしている。
渡辺:
仕事は仕事っていう。
高木:
仕事は仕事で集中して、休憩は休憩。ふっと息抜きしつつ仕事の相談もしやすくて良いなと思っています。
横山:
僕は、長時間労働じゃなく限られた時間内で成果を上げることに取り組む会社だと思います。
渡辺:
20時強制退社ルールもあるし、オンオフがしっかりあるからこそ仕事に集中できますね。
横山:
他には、友人にも紹介できる環境のある会社ですね。人間関係のいざこざとか、意味の無いストレスが無い環境です。問題は論理的に分析して最短で解決されるので尾を引くこともないです。
高木:
風通しがいいですよね。社長との距離も適度に近いから、意見とか相談も聞きやすい、変なストレスを抱え込まないというのがいい点だなと思います。
渡辺:
むしろ社長の方から、新しく始めようとしてる施策とか意見をバンバン僕たちに聞いてくれて、自分たちの意見も反映してくれて当然いいものを採用してもらえる、社内的にもやりがいがありますね。

コンサルタントとして今後目指したいこと

横山:
先日、大村社長から言われたことがそれに当たるんですけど、「お付き合いいただいている会社にとって、その会社のマーケティング責任者のような立ち位置になること」です。
表面的なサポートで終わらせず、もっと深く営業・マーケティング面を包括的に相談してもらえるような信頼され続ける存在になりたいです。
高木:
私も似ているかもしれないです。結構お客様と話していると、営業先となるターゲットは「この業界だったらどこでも良いです」とか「これくらいの規模感の会社なら業界は問いません」といった要望もよく聞くことがありまして。
今よりさらに、世の中の情勢や知見からニーズを見出し、マーケティング部分からどんどん提案していって、お客様の経営支援まで行えるようなコンサルタントになりたいと思っています。
元々マーケティング領域のスキルを上げたくて当社に転職しましたので、自己実現のためにも頑張っていきたいです。
渡辺:
そうですね、お客様が求めていることを達成することは最低限で、求めていること以上のこと、例えば社員を増やすために最速で売上を伸ばしたいとか、先の先まで分かった上でお客様が気づいていない可能性や当社だから提案できることとか、万能なナビゲーターのような姿が目指す人物像ですね。
・・・話してたら思いましたが、まとめると大村社長みたいな人になりたいってことですね。(笑)
高木:
社長みたいになれたらいいですね。(笑)
渡辺:
この三人、みんな行き着くところはそこかもしれないですね。尊敬できるロールモデルの元で働ける、すごくいい環境だと思いました。

今後お互いに期待していること

横山:
渡辺さんについては、営業戦略とトークの組み立て能力が非常に高いので、今後も何かあったときには相談させてもらいたいです!
高木さんについては、僕が何かミスしてしまったことに自分で気づいていないときに、ご指摘をもらいたいです…(笑)
渡辺:
両方、他力本願の面が強いね。(笑)
一同:
(笑)
横山:
そうですね。(笑)まずは渡辺さんの知識量に追いつけるように情報をたくさん持ちたいですし、高木さんの配慮や細かなところまで丁寧な対応をされる部分は是非学びたいです。
渡辺:
僕は、顧客満足度を上げながら、3人でもっと売上を立てて切磋琢磨していきたいです。ゆくゆくはそれぞれ部下を持って、チーム同士の対決とか、規模の大きなバトルが出来ると思うとワクワクします。(笑)
横山:
チーム対抗戦、面白そう!(笑)
高木:
私はそうですね、社内施策の一つで皆さんの商談を勉強として見させてもらえる時間も活用して、良いところはどんどん取り入れ、ステップアップし、会社に貢献できるようになりたいです。
なので、商談力においてはまだ課題があると思っていますので、何か気づいたことがあればご指摘いただきたいです!
渡辺:
はい!お互いにお願いします。

※記載内容はインタビュー当時のものです。

一覧へ戻る

1~2営業日以内に
採用担当からお返事します!