エッジコネクション

コンサルタントコラム

2018/12/14
ポピュリズムと外国人労働者受け入れと働き方改革と

ひと学年100人で学力が全く同じ高校が3校あるとします。

その3校がこの度統合されました。

 

統合されて初めての1学期中間テスト。

今までは100人の中で順位が付けられていましたが、今度は300人の中で順位が付けられます。

 

各高校には成績トップがいるわけですが、このトップ3人が新しい高校のトップを争います。

次に、ナンバー2の成績優秀者も各校にいて、その3人も争うわけですが、トップ3人が争った後ですから、3校のナンバー2争いを制した人は、どんなに良くても新しい高校での順位は4位です。

この流れは順に続き、そうすると、今まで最下位の100位だった人は、新しい高校では300位の争いになります。

事前予告なしに通ってた学校が統合され、今までトップ10の成績だと思ってたのが、急にトップ30に入るのがギリギリになる。

このストレスは相当大きいと思います。生徒からものすごい不満が出るでしょう。

 

”急に起こった学校統合”

 

ポピュリズムの正体を私はこのように考えています。

 

移民が増え、通信環境が整い、テレワークなどで海外の人材も活用できるようになった昨今、この流れは避けられないでしょう。

また、成績上位層は再び同じ順位に返り咲くべく必死に勉強します。

つまり、エリート層にとってはこの学校統合はカンフル剤となり、成長要因にもなりますから、必死にストップをかけなければいけないことかというと、そうでもないとも言えます。

 

そして、日本でも着々と外国人労働者の受け入れの土壌が整い、学校統合の気配が漂ってきています。

順位が下がること、つまり一定数の仕事が彼らに取られてしまうことはもはや避けられないでしょう。

しかし、日本社会全体として労働者が減ってきている事による対策ですから、どこかに仕事は有るはずです。

つまり、順位が下がってしまったら別の高校に入り直して上位を目指す、そういう姿勢が求められる社会になると思うのです。

学び直しや仕事を得るために必死に頑張るのが当たり前の時代です。

 

そう考えたとき、なんとなく政府の施策はちぐはぐなような気がしています。

働き方改革は良いことです。

弊社も20時以降の残業は禁止とし、全従業員の勤務時間も日々記録していますが、一日平均8時間台で推移しています(ある程度残業もありますが、時短社員や有給休暇取得者もいるので平均するとこうなります)。

 

しかし、日本全体として、働き方改革=働くことが悪 というところまでいってはないか。それが気がかりです。

 

働き方改革のもと、働くということに関してネガティブなイメージを持つ日本人が量産され、足腰が弱りきったところに、日本で働きたいと必死に勉強した外国人労働者がどっと流入して日本人の仕事を奪われる。そして、日本でもポピュリズムが台頭し、社会が混乱していく。

そんなしゃれにならないことが起こるんじゃないかと、半ば本気で思っています。

 

働き方改革など、政府がどれだけ方針を掲げても、企業が優秀な人材を雇用したいという原理原則は大昔から変わりません。

また、努力なきところに成長なく、成長なきところに大きな付加価値の創出もありません。

その時々の時流に流されず、働くということや仕事をもらうということの本質を見定める姿勢を持ち続けなければいけない時代だなと思います。

少なくとも、私の目が届く当社のメンバーにはしっかり伝えていかなきゃなと思う今日このごろです。

つぶやき / 大村 康雄

新着記事

2019/03/11
営業課題・事例共有会(グループコンサルティング)を開催いたします!
2019/03/11
女性セールスマネージャーの部下との距離感
2019/02/25
商談は資料がするものであると考える重要性
2019/02/21
社員インタビューを行いました。
2019/01/17
社員インタビューを行いました。

カテゴリー

アーカイブ