エッジコネクション

コンサルタントコラム

2018/07/17
テレアポ代行に深い商材理解は必要?

改めて言うことでないかと思いますが、弊社はテレアポ代行業務を行っております。

 

もちろんテレアポだけが弊社の全てではないですが、メインの事業であることは間違いなく、実際にクライアント様の多くは弊社のこのサービスをご利用いただいております。

 

しかし弊社のコラムを覗いてみますと、テレアポのノウハウを語っている記事がありません。これはいかがなものか。

 

ということで、今回はテレマーケティングについて、少しご紹介をさせていただければと思います。

 

 

 

まず一般的なイメージとして、テレアポを行うにはしっかりとした商材知識が必要と思っている方が多いかと思いますが、正直これは重要なことではありません。

 

なぜならば、テレアポの段階で最も大切なのは「サービスに興味を頂くこと」であり「サービスの利用を決定していただくこと」ではないからです。

 

 

利用を決定していただくというのは、当然のことながら時間を要するものです。そこには当然サービスを理解していただくことや、運用コストや金額に納得していただくこと、そして担当者や会社を信頼していただくことなど、様々なステップを踏んで到達できるものであることは説明不要かと思います。

 

そして、今挙げたようなステップをテレアポのたかだか2~3分で達成することは、どんなに深い商材理解があろうとできることではありません。当然、専門的にテレアポを行っている弊社でも、そんなことはできません。

 

なので、弊社ではサービスを利用していただく道程の第一歩である「興味を持っていただきアポイントの承諾を頂く」という部分を、テレアポでお手伝いしているというわけです。

 

興味を頂くだけであれば、詳細な情報は必要でない場合がほとんどです。

下世話な話ではありますが、こんな話に例えるとわかりやすいかもしれません。

 

A「凄く素敵な女性がいるから、紹介してあげるよ」

B「へえ、どんな女性?」

A「性格もいいし、ファッションセンスもいいよ。気になるなら会ってみればいいじゃないか」

B「ルックスが気になるなぁ、写真とかないの?」

A「残念ながら無いけど、ルックスもとても素敵だよ。今度の週末ちょうど会う予定だから、君も来てみなよ」

B「じゃあ行ってみるか」

 

上の掛け合いでは、Bが求めた「外見」という詳細情報に答えていないにも関わらず、Aは二人の出会う機会をセッティングすることができました。

しかし、逆に詳しい情報を与えていた場合(上では外見)、Bにとってタイプではないルックスであれば断られていた可能性があります。

 

詳細情報の開示というのはニーズが合致した場合、とても効果の高い手法ではあるのですが、同時にニーズと外れてしまった場合はお断りに繋がってしまうという諸刃の剣でもあります。

 

前述にあるように、テレアポでは商材やサービスの全てを紹介できません。

そのためテレアポで発生するお断りは、単に1つの側面が懸念点となっている、程度のものでしかなく、実際にアポイントの際に他のメリットを説明することで十分に納得していただけるものだったりします。

 

上の例えに当てはめるのであれば、好みのタイプではないけど話してみたら意気投合、その後も定期的に連絡を取り合う関係に…といったところでしょうか。こう聞くとよくある話だと納得していただけるかと思います。

 

 

なので、言ってしまえば詳細情報というのはアポイントを取るための必須条件ではないのです。(もちろん、あるに越したことはありませんが)

 

それよりも大事なのは、例えばどういう表現を使えば興味を持ってもらえるのか、どういう順序で説明すればスムーズに要点を相手に伝えられるのか、といったノウハウの部分であり、弊社ではそれらをパッケージ化し、社員全員が一定以上のクオリティで発揮できるように制度を整えております。

 

ですので、どんな商材であろうと「お任せください!」と言えるというわけです。

 

 

と、宣伝っぽくなってしまったところで、そろそろ終わりにしたいと思います。

最後に補足をさせていただくとしたら、どこまで情報を出すかという線引きの部分でしょうか。

 

テレアポで伝えたり確かめたりする情報が増えれば増えるほど、それだけチェックポイントの数が増えるということになりますので、アポイントの承諾を頂いた場合のニーズというのは濃くなっていきます。

 

ですので、この条件さえ満たしていれば大丈夫という基準が明確にある企業様でしたら、営業台本にそちらを加えることになります。

逆に、お会いする機会がとにかくほしい!という企業様でしたら、セールスポイントを前面に押し出して興味を集めたりと、企業様のお考えに合わせて提案もできますので、まずはご相談をいただければと思います。

テレマーケティングノウハウ / 渡辺 晃司

新着記事

2018/12/14
ポピュリズムと外国人労働者受け入れと働き方改革と
2018/12/10
大村の母校、宮崎県立延岡高校の生徒さんがご来社されました!
2018/10/18
宮崎県延岡市に事業所を開きませんか?
2018/10/11
インサイドセールスがうまくいかない5つの理由
2018/09/16
ターゲット数を意識して、商品・サービス開発してますか?

カテゴリー

アーカイブ