エッジコネクション

コンサルタントコラム

2020/05/15
上司から無理難題だと思うことが降りてきたときに、どう処理しているか

私は現在、エッジコネクションで、取締役という立場で実質的なナンバー2を務めています。

 

そのため立場上、多様な話題で社長とコミュニケーションをとることが多く、

自分にとって突拍子もないことが降りてきたり、

正直いまは考えたくはないことなどを話さないといけない場面があったりと、

頭と心の準備が整っていない話題について、対応しなければいけないケースもよくあります。

 

このような状況は、中間管理職はよく起こっているのではないでしょうか?

 

今回は、そのようなときに私がどのような発想で咀嚼しているかを伝えます。

 

 

まず、自分にとっては脈絡がつかめない突拍子もないことが降りてきたとき

何を目的として話を進めればよいのか、確認をとるようにしています。

上司は大きいスケールで話を始めている可能性が高いので、

どの点について答えていかないといけないのか、きちんと把握しないと、

今の自分の見ている視点では把握できず混乱してしまうことがあるからです。

 

次に、無理難題だと感じた際は、それを理解しようとせずにできませんと伝えるということは

上司の能力を否定しているということだと考えています。

大前提として、上司は無理難題を与えて、部下を潰してしまうはずがありませんし、

潰してしまっては上司にとってもマイナスです。

つまり、上司が与えている目標や課題は、無理難題ではないはずなのです。

上司より未熟な自分だからこそ、私にイメージできていない部分がきっとある、と考えるべきなので、

自分が見えていないところを聞きに行きます。

このようにして話や指示の目的を理解し、わからない理由を一つずつ丁寧に消していけば

ほとんどのケースで視界が開けていきます。

 

とはいえ、場合によっては理屈は理解できたものの、それでもなんだか心がおいつかないとき、

まだ言語化できないような懸念があるかもしれないと感じるときもあります。

そのようなときは、出た結論をしっかりと受け入れるため、一晩おきます。

 

そうすると、私の場合はだいたい一晩おけば心がついてくるようになります。

前方が見えない道をただただ上司を信じて進んでるだけで不安だった昨日が、

単純に、たいしたことはなかった、想定していない課題に頭がついていかなかっただけだと、

解釈しています。

 

いかがでしょうか?

 

ここで、くれぐれも注意して頂きたいのは、

これらは、私の上司が会社の社長だから成り立つ心得ではなく、

自分の上司となった人は、自分より有能だから上司になっている、ということを世の中の仕組みとして

理解するべきという点です。

 

上司より有能な部下を、会社はそのままにすることは基本ありません。

事業がきちんと成り立っている会社においてはそんな構図は成り立っていないはずです。

当たり前なことですが、ここを自分視点ではき違えて、自分の上司を無能だと思い、

上司からの指示や課題の咀嚼を諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。

 

万が一、本当に部下の方が上司より有能な場合、

上司に対して自分がやるべき指示や課題を確認しにいってください。

自ら指示や課題を設定しに行き、上司の承認をもらうのです。

そうすれば咀嚼できないということもなく、円滑に進められると思います。

 

このように、社会の仕組みを理解するとともに、上司にリスペクトをもちながら

丁寧に咀嚼すれば、無理難題だ! しんどい!と思うことは減っていくと思っています。

 

 

とはいえ、私が完璧にできているかというと、まだまだ100%の自信はありません()

頭でわかっても、きちんと行動に移すということは難しいですね。

 

成長論 / 趙 美紀

記事検索

新着記事

2020/06/12
より良い結果を出すために何をすればよいのか
2020/05/28
上手くいかないなという時、私が最初に振り返る部分
2020/05/15
上司から無理難題だと思うことが降りてきたときに、どう処理しているか
2020/05/01
緊急事態宣言を乗り切るためのテレアポ営業
2020/04/07
営業効率の高いウェブ商談の進め方

カテゴリー

過去の記事

2020/06/12
より良い結果を出すために何をすればよいのか
2020/05/28
上手くいかないなという時、私が最初に振り返る部分
2020/05/15
上司から無理難題だと思うことが降りてきたときに、どう処理しているか
2020/05/01
緊急事態宣言を乗り切るためのテレアポ営業
2020/04/07
営業効率の高いウェブ商談の進め方
2020/04/01
無形商材では営業が難しいのでは無いか?
2020/03/16
自責で考えるということ
2020/02/28
自論を突き通すことのもったいなさ
2020/02/18
根拠の“ある”自信を積み上げさせる重要性
2020/01/31
スクリプトの文章量と、入れるべき内容
2020/01/20
”顔”が見える営業戦略
2019/12/25
年末のご挨拶
2019/12/13
私のマネジメントのバックボーン
2019/11/12
異性とのコミュニケーションと営業商談
2019/10/15
カウンタートークの基本的な考え方
2019/09/13
当社のコンサルティングとは?
2019/09/12
営業会議のときに注目するポイント
2019/08/23
客観的な事実で自社を紹介する重要性
2019/07/24
【当社事例】1on1のススメ
2019/07/12
相手の回答を誘導するテレアポテクニック
2019/06/28
職場体験、見極め期間制度開始!
2019/05/09
効果的なスクリプトの作り方
2019/04/12
最大売上と車の走行可能距離
2019/04/04
好評につき4月度営業課題・事例共有会(グループコンサルティング)の詳細が決まりました!
2019/03/20
3月度営業課題・事例共有会(グループコンサルティング)を行いました
2019/03/11
営業課題・事例共有会(グループコンサルティング)を開催いたします!
2019/03/11
女性セールスマネージャーの部下との距離感
2019/02/25
商談は資料がするものであると考える重要性
2019/02/21
社員インタビューを行いました。
2019/01/17
社員インタビューを行いました。
2019/01/05
独立して13年目のスタート
2018/12/10
大村の母校、宮崎県立延岡高校の生徒さんがご来社されました!
2018/11/15
セールスツリーフレームワーク
2018/10/26
企業の発展段階における営業活動の状況と課題
2018/10/18
宮崎県延岡市に事業所を開きませんか?
2018/10/11
インサイドセールスがうまくいかない5つの理由
2018/09/16
ターゲット数を意識して、商品・サービス開発してますか?
2018/07/19
経営とはチームでやるものという前提で考えましょうという話
2018/07/17
テレアポ代行に深い商材理解は必要?
2018/07/01
攻めのM&A仲介を始めます。
2018/01/09
一緒に延岡の労働環境(文化)を変える仲間を探しています。
2017/08/03
事業責任者が一番大事にすべき経営資源とは?
2017/05/30
こんな営業マンは助けられません。
2017/05/10
絶賛求人中です!!
2017/04/27
すんげー気を使ってる部下が辞めたいとかモチベ上がらないとか言っててマジムカつくと思ったら読む内容
2017/02/07
雰囲気の悪い営業会議の解毒法
2017/01/23
対面営業での効果的な営業資料の使い方
2016/12/20
営業計画の必須要素
2016/11/30
売上が上がらない!という会社がほぼ間違いなくやってないこと
2016/10/19
スタートアップと文化祭の模擬店