エッジコネクションエッジコネクション

ご相談・ご質問はこちらから
03-6825-5900
お問い合わせ

コンサルタントコラムコンサルタントコラム

2022.03.08

仕事でうっかりミスが発生した際に対策と併せて振り返るポイント

成長論
成長論 / 永友 美和

「報告書の提出を忘れて期限を過ぎてしまった」「作業工程をひとつ飛ばして進めてしまった」など、毎日仕事をしていればミスはつきものですが、なるべくミスは起こしたくないものです。今回は、ミスが多いと思う人の中でも特に、うっかり同じミスを繰り返してしまう人向けに対策と併せて振り返って欲しいポイントについてお話しします。

■始めに、うっかりミスは1度目で最後だと肝に銘じる
緊急で突発的に対応することになった仕事ほど重要度が高く感じる分、念入りに確認し慎重に仕事を進めるためうっかりミス自体が発生する可能性は低くなります。
逆に、毎日、毎週など定期的に発生する仕事に関しては、注意力が減ってうっかりミスが起こりやすくなることが想定できます。
ただし、毎日、毎週行う業務だからといって重要度が低いわけではなく、自分にとってはちょっとした注意不足で軽いミスだとしても、重要な仕事の一部ということに変わりはありません。また、自分の注意で防げるレベルのミスであればあるほど周囲からは「この程度のことが出来ないの?」と思われてしまいます。仏の顔も三度という言葉がありますが、甘んじることなくミスは1度目で最後だと肝に銘じましょう。

■メモや目視確認など“形だけ”で対策を行ってしまうことのリスク
仕事でミスしたら次はミスを起こさないようにと何かしらの対策を立てるのは社会人として当然のことです。
その中でも「メモを取る」「見えるところに付箋を貼る」「同僚とダブルチェックしながら進める」はよく見受けられる対策です。このように対策を形にして行動を変えるというのはもちろん有効な面もあるため、ミスを未然に防ぐための手段としている人は多いと思います。ただ、実は“形だけ”で対策を固めてしまうのは意外とリスクもあります。

例えば、

「メモを取る」→メモを失くす
「見えるところに付箋を貼る」→ミスが起こる度に付箋が増え続ける=背景化していつの間にか見なくなる
「同僚とダブルチェックしながら進める」→同僚が休みの日は自分一人でやらなければならない

このように、形のみで立てた対策は実はうっかりミスの根本的な解消にはなっていません。対策を実行するかどうかはまた別の意識が必要であり、対策を立てたことに満足して実行しない恐れもあります。そのため形だけの対策に頼り過ぎるのはリスクがあると言えます。

■結論、“何のための仕事なのか”を振り返り理解を深めることが重要
意識するだけではダメという話はよく聞きますし、対策を形にすることがどれだけ重要かも分かりますが、上記でお話した通り、リスクがつきものです。
そこでそのリスクを軽減するために併せて行っておきたいのが、ミスした仕事は“何のための仕事なのか”を振り返り、理解を深めるということです。
例えば以下のように振り返ってみます。

「報告書の提出を忘れて期限を過ぎてしまった」・・・何のために時間通りに報告書を提出する必要があるのか?
→クライアント様から毎日〇時までに報告が欲しいと要望があったため、集計担当(提出相手)は報告に間に合うように提出期限を決めている。

「作業工程をひとつ飛ばして進めてしまった」・・・何のために作業工程を守る必要があるのか?
→順番通りに作業しなければ完成物に不備が生じ、クレームを起こしてしまう。/ひとつ飛ばして進めてしまうとまた最初から作り直さなければならず、倍の時間がかかってしまう。

このように、“何のための仕事なのか”を深掘りして考えてみると、自分の仕事が何に繋がっているのか、誰に影響するのかを理解できると思います。逆を言うと、考えたところでなぜなのか分からない間はいつまでもミスを繰り返しますので、早急に先輩社員や上司に聞いて理解する必要があります。
もしかすると在籍歴が長ければ長いほど「今更こんなことは聞けない」という気持ちが出てしまい質問することに対して躊躇するかもしれませんが、仕事の理解を深めることで視野が広がって応用力を身に付けられたり、スキルアップに繋がります。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥という心持ちで、「~~の仕事の件で私の理解不足なところがありそうなので、仕事の流れについて確認させて頂いても宜しいでしょうか。」と聞いてみましょう。

以上がうっかりミスを繰り返した時に対策と併せて振り返って欲しいポイントです。
もちろんノーミスな人間なんて存在しませんが、うっかりミスを起こしまくる人に任せられる仕事は限られてしまうというのが事実です。
周りからの信頼や評価を落とさないためにも仕事の精度を上げていく努力は必要不可欠なので、自分はうっかりミスが多いかもと感じる方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

同じカテゴリのその他の記事