エッジコネクション

ご相談・ご質問はこちらから
03-6825-5900
お問い合わせ

会社概要

MothersonSumi INfotech & Designs株式会社
MothersonSumi INfotech & Designs株式会社
IT Sales Division General Manager
山本 哲郎 様

我々のためにアポイントを取得しようと思ってくださっている情熱、プロフェッショナリズムの精神を大変評価しています。

システム開発

山本様、プラサンナ様、傅様、本日はどうぞ宜しくお願い致します。
まず始めに、マザーソンスミインフォテック&デザインズ様の事業内容と、特長を教えていただけますでしょうか。

山本様:マザーソングループは、世界で21番目に大きい自動車のTier1サプライヤーとして、世界42カ国、約270もの製造拠点を持っている会社で、マザーソンスミインフォテック&デザインズ、略してMIND(マインド)は、マザーソングループに属しているデジタルサービスプロバイダーです。
主にはマザーソングループのシステム開発や運用保守を担当し、その中で培った経験をもとにお客様に対してITサービスを提供している会社になります。
主なお客様は自動車のTier1、Tier2、Tier3サプライヤー、さらには製造業のお客様を中心にサービスを提供しております。
2000人超のエンジニアを抱えていますが、日本市場においてのマーケティング活動はまだこれからだと思っておりまして、その強化という部分で今回エッジコネクションさんにご支援いただきました。

2000人超のエンジニアさんとは、IT大国インドの企業の中でもトップクラスですね。ありがとうございます。
日本での営業マーケティング活動では、どのような課題があったのでしょうか?

山本様:マザーソングループ及び弊社は、インドのオフショアのリソースを活用しインドを中心にビジネスを展開してきたのですが、欧州、アメリカ、ASEAN、日本においてさらにビジネスを展開していきたいと考えております。
日本でのビジネスにおいては営業担当、エンジニアの数はもっと増やしてサービスを拡充していかないといけない、というのがありました。
また新規顧客にアプローチするのはそんなに簡単ではないと思っておりまして、そこは専門領域でプロであるエッジコネクションさんにお願いすることが、我々にとっても良い新規顧客の開拓ができるんじゃないかという期待もあり、経験とスキルのある外部の会社さんへ依頼させていただきました。

当社も様々なクライアント様がいますが、中でも世界的にご活躍されているマザーソンスミ様とご一緒できて大変光栄です。
では数ある企業の中から当社にご依頼いただいた理由を伺えたらと思います。

山本様:マーケティング活動を行っていただく会社を国内外で探しましたが、やはり日本企業の開拓は日本のマーケティング会社さんがベストだということが一つと、また、エッジコネクションさんのサービス内容から考えて非常にコスト的に魅力的なご提案をいただいたのも選考の理由の一つでした。

総合的にご判断いただきありがとうございました。
実際にプロジェクトがスタートして、当初のイメージと比べていかがでしたでしょうか?

山本様:お客様を見出す質の高さという意味ではどんどん改善されておりまして、取り組みの姿勢が良いことをすごく感じています。
スタート当初ではまだお客様とコンタクトしていただく月野さん、それからマネージされている高木さんも、我々の会社のことや強みを充分に理解していただくには至っていなかったかなと思います。
そこを相互で密に情報交換をしていく中で、弊社やマザーソングループのこと、そしてソリューションとサービスに関しても随分と理解が深まって、本当にターゲットとしているお客様の新規商談の機会が増えてきていてありがたいです、というのが率直な感想です。

徐々に改善できて非常に良かったです、ありがとうございます。
ではプロジェクトを通し、営業への意識の高まりなど何か変化はありましたでしょうか?

山本様:月野さんからはコンタクトしたお客様との電話内容の記録をすべていただいておりますが、見ていると初めてのお客様にコンタクトを取り、アポイントを取得するまでの過程が本当に大変なお仕事だということを強く感じます。
例えば、正確なターゲット先を見つけるためにいろんな部署にあたってお話し、最後にはアポイントを取っていただく。
しかも1、2回で終わらずにコンタクトできるまで粘り強くコールしていただいて、その活動には本当に我々営業部隊として敬意を払いますし、見習わなければいけないところも多くあると感じております。

大変嬉しいお言葉ありがとうございます!業務に対するやりがいを強く感じます。
当社のサービスやノウハウを受けていただき、印象に残っている点は何かありますでしょうか?

山本様:本当に高木さん、月野さんをはじめエッジコネクションチームの皆さんが我々のためにアポイントを取得しようと思ってくださっている情熱、プロフェッショナリズムの精神の部分が、私がエッジコネクションさんを大変評価している点になります。

今後もご期待に応えられるよう精一杯取り組ませていただきます。
それでは、マザーソンスミインフォテック&デザインズ様と同じ課題を抱えている方々に向けて、何かメッセージをいただけましたら幸いです。

山本様:最初の2ヶ月間と今回は3ヶ月間の契約で2回締結しておりますが、今回は月に600社のお客様にコンタクトいただいております。
そのような数のお客様にコンタクトし、お断りが続いても最後にはアポイントを取得する活動というのは、なかなか自社のみで行えることではないかなと思います。
市場開拓や、新しいお客様の開拓をするといったフェーズにおいては、外部の専門的な経験とスキルを持った企業から業務支援を受けるというのは非常に有効だと思っておりますので、ぜひエッジコネクションさんをおすすめします!

ありがとうございます!今後の当社のプロジェクトに対する取り組みの姿勢や、ご意見などがあればいただけますでしょうか。

山本様:そうですね、感想になりますが、エッジコネクションチームをマネージいただいている高木さんには非常に柔軟に我々の要望を受けていただいておりました。
ターゲットとするお客様の選定・リストの作成からお願いしていますが、そのリストの変更や進捗管理までトータル的にマネージいただいているので、非常に助かっています。
また、実際にお客様にコンタクトする方だけでなく、それを支えるエッジコネクションの皆さんにも感謝しています!

そう言っていただいて胸がいっぱいになります。ありがとうございます。

山本様:最後にジャパンヘッドのプラサンナさんからもエッジコネクションさんにメッセージをお願いします!
プラサンナ様:はい、外部の会社さんとリードジェネレーションの活動を一緒にやっていくというのはエッジコネクションさんが初めてでした。
最初はミーティングや電話のやり取りを重ねていましたが、今はチームもだいぶ慣れてきて安定してきたかなと思っています。
商談の数もすごく増えていて、よく頑張ってくださっているな、ありがたいなと私は思っています。
今後エッジコネクションさんに期待していることは、セミナーの集客から企画、運営まで依頼したいです。
マーケティング施策の一つとしてウェビナーなどを行うにあたって、我々のこともよく理解していただいているエッジコネクションさんにお願いできれば嬉しいなと考えています。
今は企画運営の事業は行っていないとのことですが、将来的に考えてほしいというのがお願いです。
これまでエッジコネクションチーム、高木さんまた他のメンバーの皆さんもよく頑張っていると思います。ありがとうございます。
山本様:そうですね、エッジコネクションさんが新しい事業にチャレンジしていくという意味での今後の期待ということで、良い締めとなったんじゃないかなと思います!(笑)

はい、是非とも参考とさせていただきます!
本日はお忙しい中ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します!

インタビュアー編集後記

今回はジャパンヘッドのプラサンナ様と、もう一人の営業担当の傅様にもご同席いただき、日本とインドをオンラインで繋いでインタビューをさせていただきました。山本様がメインでお話いただきましたが、日本語と英語が交差しながら進む、和やかな雰囲気のインタビューでした。
マザーソンスミ様の営業活動を行うにあたり、当社に対してご信頼いただいていることに感謝しつつ、今後もご期待に応えられるように取り組ませていただきます。

Profile

MothersonSumi INfotech & Designs株式会社

MothersonSumi INfotech & Designs株式会社
IT Sales Division General Manager

山本 哲郎 様

外資系IT業界最大手の企業にて30年間営業活動に従事。現在はインド最大の自動車部品メーカーSamvardhana Motherson GroupのITサポート部門である、MothersonSumi INfotech & Designs株式会社の営業責任者として、日本市場における営業マーケティング活動に注力する。

その他の最新事例